グルコサミンはすり減った軟骨成分の回復だけじゃない働きもあるそうです

クリニックなどで頻繁に耳に入ってくる「コレステロール」は、二十歳を過ぎれば誰であろうとも気掛かりになるキーワードに違いありません。稀に命にかかわることも想定されますので気を付けてください。本来は生命を維持するために欠かすことができない成分だと言えるのですが、食べたいだけ食べ物を食することができる現代は、当たり前のごとく中性脂肪が蓄積された状態になってしまうのです。

従前より体に有益な食材として、食事の折に摂取されてきたゴマではありますが、今日そのゴマの構成物質であるセサミンに熱い視線が注がれています。このところ、食べ物の成分である栄養素であったりビタミンの量が減っているという理由もあって、美容と健康目的で、前向きにサプリメントを補充することが当然のようになってきたと聞いています。糖尿病だのがんなどの生活習慣病が原因での死亡者数は、全体の死亡者数のおおよそ6割を占めるまでになっており、高齢か社会進行中の日本においては、その予防は私たち自身の健康を保持するためにも、何にも増して重要ではないかと思います。

グルコサミンは、摩耗した関節軟骨を快復させるのみならず、骨を生み出す軟骨芽細胞そのものの機能性を向上させて、軟骨をパワーアップする作用もあると聞きます。コレステロール値が正常指標をオーバーする原因が、何よりも天ぷら系のものが大好きだからと考えている方も稀ではないようですが、そのお考えだと1/2のみ正しいと言えるのではないでしょうか?身体内部にあるコンドロイチンは、年を取るにつれてごく自然に減ってしまいます。それが悪影響を及ぼして関節の軟骨も低減してしまい、膝などに痛みを抱えるようになるのです。セサミンには肝臓で生まれる活性酸素を取り去り、肝細胞の働きを強化する作用があることが実証されています。その上、セサミンは消化器官を通っても分解されるような心配も不要で、100パーセント肝臓に届く有り難い成分でもあるのです。

テンポの良い動きと言いますのは、関節にある軟骨が緩衝材の役目を担ってくれることで実現できているのです。ところが、この軟骨を構成する成分の一種であるグルコサミンは、年齢を重ねれば低減してしまうのです。生活習慣病の元凶であると言われているのが、タンパク質などと一体化し「リポタンパク質」と化して血液中を流れているコレステロールなのです。「膝に力が入った時がしんどい」など、膝の痛みに耐えている多くの人は、グルコサミンが減ったために、身体の内部で軟骨を生み出すことが難儀になっているのです。ご存知の通り、ビフィズス菌は年齢を重ねれば少なくなってしまいます。

しかも、いくら非の打ちどころのない生活を実践して、栄養豊富な食事を心掛けたとしましても、100パーセント少なくなってしまうのです。ゴマの一成分とされているゴマリグナンに含有される栄養物質がセサミンです。このセサミンというのは、身体の至る所で作られる活性酸素を減少させる効果があります。私たちの健康増進に必要不可欠な必須脂肪酸の一種であるEPAとDHA。これら2種類の健康成分をいっぱい含有している青魚を連日欠かすことなく食するのが理想的ですが、肉類が好まれる時代になってきたために、魚を食べる機会が、残念なことに減少してきているとのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です